公式アカウントをフォローして、「#relaischateaux」「#ルレエシャトー」「#deliciousjourneys」のハッシュタグをつけて投稿お待ちしております。

Quick Search


検索


検索

日本からのご予約

日本からのご予約は、ルレ・エ・シャトー予約センターでお受けいたします。

phone toll free
     0800 888 3326

受付時間
9:00~17:00(月曜日~金曜日)

上記時間外のお問い合わせはメールにて承ります。

mailコールセンターへお問い合わせ

RELAIS & CHÂTEAUX CHEFS

ルレ・エ・シャトー シェフ

グランシェフ



DELICIOUS JOURNEYS
gift
ルレ・エ・シャトー
ルレ・エ・シャトー
ルレ・エ・シャトー
ルレ・エ・シャトー
ルレ・エ・シャトー

デジタルブランドキャンペーン

CREATING DELICIOUS JOURNEYS

人生のDELICIOUSな旅に焦点を当てた、映画のような映像や写真のコレクション。キャンペーンはインタラクティブで、ゲストやインフルエンサーが個々のDELICIOUSなモーメントを旅行や食に問わず、Relais&Châteauxのバナーや#relaischateaux #deliciousjourneysで共有できるよう、魅了していきます。


ルレ・エ・シャトー

history

ルレ・エ・シャトーの歴史は、パリとニースを結ぶ国道7号線上にある8つのオーベルジュのオーナーたちがパートナーシップを結び、1954年に創設した「レ・ルレ・ド・カンパーニュ(田舎の宿)」からスタートしました。その後、「ラ・ルート・デュ・ボヌール(幸福の道)」という名称のキャンペーンを展開し、フランス全土に広がりました。

1956年以降、加盟メンバー数は8軒から25軒、ついで80軒と発展し、さらに、スペイン、オランダ、ドイツ、オーストリア、スイスのホテルが加盟し、国境を越えた最初のフランスのホテル組織となりました。そして1961年には、初のヨーロッパガイドブックを刊行しました。

ロアンヌの著名なレストランのオーナーシェフ、ピエール・トロワグロが中心となり、トップ・シェフたちが集まりルレ・グルマンを創設。ルレ・ド・カンパーニュとルレ・グルマン、お城スタイルのホテル組織 シャトー・ホテルズの3組織が合併し、1974年、「ルレ・エ・シャトー」が誕生。 パリに本部を置き、ホテルとレストランのオーナーが加盟し、自治運営する非営利団体の協会組織として毎年発展し続け、ルレ・エ・シャトーは食と旅の世界のベンチマークとなっています。ナパバレーのブドウ畑から、フランスのプロヴァンス地方、インド洋にちりばめられた数々の美しいビーチ、そして伝統的な日本の温泉旅館まで、世界中の様々な国や地域で、その土地の風土に根ざした美しいライフスタイルや魅力をお客様に提供し、今では、世界62ヶ国、約580のホテルとレストランが加盟しています。

新規加盟には厳格な審査と、ルレ・エ・シャトーの価値を共有できる、個性あるホテル・レストランのみが加盟を認められます。 加盟するメンバーは、お客様ひとりひとりとの一期一会を大切にし、本物のリレーションシップを築くという情熱を共有しています。

ルレ・エ・シャトーの価値

LOCAL FOCUS – 地域と共存

ルレ・エ・シャトーの加盟メンバーは、彼らの根差す地域や歴史、環境、そして文化を深く理解し、共存することを望んでいます。

HUMANITY – 人間性

各加盟メンバーは、その地域の文化やライフスタイル、そしてその土地に住む人々を尊重しています。

SHARING – 共有

各加盟メンバーの責任者は、自身の情熱を顧客だけでなくスタッフとも共有します。

COMMITMENT – コミットメント

ルレ・エ・シャトーは、その地域に連綿と伝わるおもてなしや料理を更に進化させることに貢献します。

ルレ・エ・シャトーのメンバーは、世界各国・地域のホスピタリティーや食文化の多様性と豊かさを大切に守り、より多くのお客様へ提唱していくことを理念として共有し、2014年11月にユネスコで宣言したルレ・エ・シャトーのヴィジョン ーその土地の伝統や環境を守りつづけるー を日々実践しています。

ルレ・エ・シャトーヴィジョン - 20のコミットメント

サステナブルシーフード

ルレ・エ・シャトー日本支部では、私たちの海を守ることの重要性、そしてこの目標を達成するため、ひとりでも多くの方々にお伝えしたいと考え、Vision for the Sea(ヴィジョン・フォー・ザ・シー)を発行・活動する事にしました。

ルレ・エ・シャトー日本支部の海洋資源保護のための6つの重要施策

1.持続可能性を追求する責任ある漁業及び養殖業を応援します。

持続可能性を担保する科学的な管理計画に基づく漁業や養殖業を行う生産者や、持続可能性の確保に向け第三者専門機関を交え透明性・客観性を持って進捗確認が可能な改善計画を立て実行する生産者からの水産物を、商品や生産者の努力に見合った適切な価格で積極的に購入します。

2.小規模・零細の沿岸漁業者及び養殖業者を支えます。

生産者などの情報が明確な水産物を優先して調達します。伝統的な漁業及び養殖業を営む生産者や、地域に根ざした小規模・零細の沿岸漁業者及び養殖業者が生産する”地のもの””旬のもの”を、積極的に選択します。

3.調和や個性を尊重し、問題の根本的解決を目指します。

過剰漁業やIUU漁業などに由来する水産物を生産する漁業者に対して、単に既存の調達を中止するのではなく、問題解決を促すべく、継続的に耳を傾け、対話を続け、改善を長期的に支援します。

4. 海の恵みの無駄遣いを徹底的に削減します。

持続可能性を担保する資源管理が行われていない魚種に関しては、地域特有の文化や伝統の継承に配慮しつつも、再生産経験のない未成魚よりも、成長し子孫を海に残したことのある成魚を優先的に調達します。また、調達した水産物は無駄遣いを徹底的に削減します。

5. 漁業者及び養殖業者の努力をお客様に伝えます。

ルレ・エ・シャトー・ジャパンのメンバーが料理やおもてなしを提供するお客様、レストランスクールの生徒、そして将来シェフを目指す若者に対して、あらゆる機会を最大限に活用して、水産資源や海洋生態系の現状、そして問題解決を目指し活動計画を実行する漁業者及び養殖業者の努力の意義や価値を、正確に伝えます。

6. 継続的に成長します。

ルレ・エ・シャトー・ジャパンのメンバーを対象とした勉強会を定期的に開催します。海洋や水産に関わる理解を深め続けると同時に、第三者専門機関を交え客観性を担保して、自らの水産物調達における海洋生態系へ与える影響を定期的に分析・把握・改善します。

ルレ・エ・シャトーは今後も、人類共有の財産であり未来世代からの借り物である海の豊かさ、そして日本が世界に誇る伝統や文化を、未来世代に継承するために、私たちは行動します。



参考:プレスリリース 2019年10月ルレ・エ・シャトー日本支部、海洋保護に向けた行動を開始(PDF:868KB)